VISION & STRATEGY 始まりと歩み、これからも、熱いSpiritが私たちの未来を拓く。

企業の体質や風土はその歩みからも測れます。そして、そのスタートには何らかの使命やミッションが担われているものです。和歌山ノーキョー食品工業は1970年の創業以来、革新的な製造技術の導入によって常に業界をリードしてきました。 地元農家を支援しながら、産地特性を生かして開発したオレンジジュース“JOIN”も和歌山ノーキョー食品工業のOur Spiritが具現化された製品のひとつでした。
現在では、オリジナル飲料を手がけながらも大手飲料メーカーの多様な飲料を製造・充填する関西屈指のパッカーとして信頼を得ています。人材を育て、先駆ける技術をもつことは、業界をリードし優位性を維持するだけでなく、食品業界の安全性や信頼性を高め、より確かな未来をつかむことでもあります。
私たちには次代を見据える〈先見性〉と果敢に挑戦する〈革新性〉、そして何より、熱い思い=“Our Spirit”があります。

みかん搾汁から飲料の製造・充填へ。熱意が信頼を高めた。

外観写真

1970年秋、海南市の一角にある広大な敷地内で、みかんの搾汁機械が滑らかに動き出しました。国の施策でみかんの生産量が増し、価格下落が深刻化した時代。「みかん農家を支援し、和歌山県の農業を守ろう」と立ち上がった有志たちによって、和歌山ノーキョー食品工業が産声を上げた瞬間でした。熱い思いとチャンレンジ精神を胸に秘め、みかん果汁を原料とするオリジナル製品を次々と開発する日々。一方で果実・炭酸飲料から酒類まで多様な飲料の製造を受託し、次第に大手飲料メーカーから高い信頼を獲得するようになっていきました。

業界に先駆けて最新設備を導入。〈技術の和歌山〉へ。

商品

時代のニーズを敏感に察知する先見性と、新しいことに挑戦する革新性を武器に、和歌山ノーキョー食品工業は成長を続けてきました。日本で初めてペットボトル詰飲料を製造し、ペットボトルの無菌充填設備を導入、さらに、ペットボトルの成形から飲料の製造、充填までを一貫して行う製造ラインも整備。茶、果実・炭酸飲料、酒類など多種多様な飲料の製造、ペット・紙などあらゆる容器・容量の充填を可能にする体制を確立しました。技術の和歌山ノーキョー食品工業。飲料メーカーの要望へのフレキシブルな対応に、いつしかそんな評価が不動のものとなっていきました。

〈食の安全〉を追求。品質・環境・社会へ。進化は止まらない。

工場内写真

紀ノ川の豊かな水、関西の大消費地に隣接する好立地を生かし、走り続けてきた和歌山ノーキョー食品工業が、決して変えないものがありました。それは〈食の安全〉を何より大切にする姿勢です。和歌山県農業協同組合連合会との連携のもと、厳密に管理した安全な農産物だけを原料に、ジュースや梅干しなどのオリジナル製品を生産。また製造工程の管理、完成した製品の品質検査も徹底しました。自社製品の開発、環境保全・社会貢献…。 未来に向け、新たな挑戦はすでに始まっています。社会になくてはならない存在として、私たちはこれからも進化し続けます。

1970-1971
ジョインオレンジドリンク30%
ワレンオレンジジュース
ワレンみかん缶詰
1974
ジョインつぶつぶみかん
1979
ジョインオレンジジュース
1980
あかふじ印ジョインオレンジジュース
1987
わかやまオレンジジュース
1994
ジョイン緑茶
ジョインKINOKAWA・ナチュラルウォーター
わかやま柑橘スカッシュ10%