品質保証

採用情報はこちら

品質保証体制

HACCP、ISO9001の認証を取得し、国際的な基準で品質を保証しています。

「食」を扱う企業として、安全・安心な商品を提供することを最大の使命と考え、当社では、「品質・食品安全方針」を策定して徹底した品質管理に努めています。

桃山、海南工場の設備でHACCPを、また紀南梅工場で和歌山県食品衛生管理認定制度にもとづく和歌山県版HACCPを取得するとともに、品質保証・管理の国際規格ISO9001、FSSC22000を取得。国際的な基準で製造管理・品質保証体制を構築し、それに のっとった製品づくりを行っています。

原料供給先の選定から原料の受け入れ検査、製造工程における調合液分析、およびラインモニタリング(製造工程が管理基準に添っているかを定期的に確認)、完成した製品の品質分析、官能検査まで、あらゆる段階で厳密な検査を実施。すべての基準を満たした製品だけを出荷しています。同時に官能トレーニングをはじめ各種研修を充実させ、検査技術の向上も図っています。

一方では「製品事故ゼロ」を目標に掲げ、独自の品質管理運動“PACO※運動”を実践しています。各工場において作業・設備両面の改善作業と目標数値を設定し、目標達成に尽力。結果や課題は、各工場の代表者が集まる“PACO会議”で共有され、改善策が練られます。こうした活動が、全工場において高い水準で品質を維持・向上させることにつながっています。

※「PACO」:「Perfect(完全)」に、「Assure(保証)」し、「Claim(クレーム)」を「0(ゼロ)」にするという意を表した造語。

微生物検査成分分析ISO登録証
このページの先頭へ