OEM製造事業

先進的な取り組みで多様なニーズへ柔軟に対応

私達は食品を通じお客様が豊かな生活を過ごせるよう、常に考え、改善していきたいと考えております。
食は生活の基礎であるため、より良い素材・より良い能力・より良い環境で皆様の食卓に彩りを添える商品を今日も製造しています。

OEM製造事業内容

食の楽しみを奏でる素材・ものづくりに真摯に向き合う技術力・品質を高める環境で製品製造を行っております。

対応可能商品

ペットボトル
(無菌充填・ホットパック)

280ml・350ml・500ml・525ml・600ml・650ml・900ml・1L・2L

茶系飲料・果汁系飲料・コーヒー系飲料・機能性飲料・他

250ml・350ml・500ml

炭酸飲料・果汁系飲料・酒類(スピリッツ・リキュール)・機能性飲料・他

紙パック

200ml・250ml・330ml

茶系飲料・果汁系飲料・機能性飲料・他

品質・食品安全方針

品質・食品安全

わが社は、フードチェーンの一員として国際標準を基盤にした安全な製品を提供し、
お客様の立場に立って社会に貢献できる会社づくりをめざします。

わが社は、コンプライアンスを実践するとともに、お客様の満足を追求するために
計画・実行・検証・改善を繰り返し、継続的な発展をめざします。

わが社はお客様の信頼に応えるため、社内外のコミュニケーションを通して情報を共有し、
全員が連携して力を発揮できる会社づくりをめざします。

わが社は、この方針を真摯に実践し、組織を進化させる人財育成をはかります。

2016年4月1日
和歌山ノーキョー食品工業株式会社
代表取締役社長 柏木 章宏

品質保証体制

「食」を扱う企業として、安全・安心な商品を提供することを最大の使命と考え、当社では、「品質・食品安全方針」を策定して徹底した品質管理に努めています。
全ての工場で品質保証・管理の国際規格ISO9001を取得、また海南・桃山工場はHACCP(総合衛生管理製造過程)、紀南工場では和歌山県版HACCP(和歌山県食品衛生管理認定制度)を取得しています。更に海南・桃山工場では食品安全の国際的な基準のFSSC22000を取得し、堅実な製造管理・品質保証体制を構築し、それにのっとった製品づくりを行っています。
原料供給先の選定から原料の受け入れ検査、製造工程における調合液分析、およびラインモニタリング(製造工程が管理基準に添っているかを定期的に確認)、完成した製品の品質分析、官能検査まで、あらゆる段階で厳密な検査を実施。すべての基準を満たした製品だけを出荷しています。同時に官能トレーニングをはじめ各種研修を充実させ、検査技術の向上も図っています。
一方では「製品事故ゼロ」を目標に掲げ、独自の品質管理運動 “ PACO※運動 ” を実践しています。各工場において作業・設備両面の改善作業と目標数値を設定し、目標達成に尽力。結果や課題は、各工場の代表者が集まる ” PACO会議 ” で共有され、改善策が練られます。こうした活動が、全工場において高い水準で品質を維持・向上させることにつながっています。
※「PACO」:「Perfect(完全)」に、「Assure(保証)」し、「Claim(クレーム)」を「0(ゼロ)」にするという意を表した造語。